スピリット百瀬永眠に際しましては、皆さまからあたたかいメッセージを頂きありがとうございました。

経歴や関連作品の記録を残した上で、教えを継ぎさらに発展させていくための活動につなげたいと考えております。

スピリット百瀬についてのご報告

2020年5月4日 スピリット百瀬(本名 大嶽重幸)が 脳出血後の細菌性肺炎のため永眠いたしました(享年72歳)。葬儀につきましては、新型コロナウイルス感染症への感染リスクを鑑み、5月6日に近親者のみで執り行いましたこと、あわせてご報告申し上げます。
百瀬師匠は2017年に進行期の肺癌と診断されましたが、放射線化学療法が著効し治療を継続しておりました。2020年2月、3月には誤嚥性肺炎で入退院をくりかえし3月末に退院、その後4月21日に急に連絡がとれなくなり部屋を訪ねたところ、ベッド上で動けなくなっているところを発見、救急搬送先で脳出血と診断されました。意識の悪い状態が遷延する中、誤嚥性肺炎を合併し、5月4日に息を引き取りました。
波乱に満ちた生涯であり、また生活力があるとは言い難い師匠ではありましたが、最後の最後まで自分の信じるマジックを追求し続けられたのは、師匠を理解し支えてくださる方々がいらっしゃったお蔭であると思っております。師匠自身、闘病中にはこれまで以上に皆さまからのご支援のありがたさを再認識し感謝の念を口にしておりました。 お世話になった皆様に十分なお礼を言えないまま帰らぬ人となった師匠に代わり、深く感謝申し上げます。
今後とも師匠の遺志を継ぎ、努力していきたいと思っております。
引き続き皆様のお力添えをいただけますと幸いです。

          スピリット企画  能勢裕里江

このページのトップに戻る

inserted by FC2 system